=印刷ジャーナル メディア&ニュース Vol.5=

伝票印刷TOP

印刷ジャーナルに記事が掲載されました。

●複写伝票      介護伝票(サービス実施記録)     歯科技工指示書     チェーンストア統一伝票     契約書印刷・申込書印刷          〈領収書〉

●豆知識        感圧紙の特徴     減感印刷/偽造防止     帳票の賢い作り方     複写伝票作成ツール               〈封 筒〉

メディア&ニュース (天野印刷に関する記事が掲載されました)

NEWS 5 印刷ジャーナル2005年9月15日

★鹿児島・天野印刷は小ロットの伝票印刷を通販で印刷会社・デザイン会社
  に安価で提供 メールで送れば"対価の改新"!「笑徳太子」

天野印刷(鹿児島市/天野玄一社長)は、8月1日から、全国の印刷会社や企画会社、デザイン会社などを対象に、注文伝票(手書き、セット伝票等)を電子メールで受注し、小ロットで販売するサービス「笑徳太子(しょうとくたいし)」を開始する。
新サービスは伝票データを作成して電子メールで全国から注文することができる。定型サイズの複写伝票については価格帯を設けることで安価に提供する。発注の際には専用のフォームに情報を打込む。リピート管理やダイレクト発送の付加価値を加えるなど、伝票作成のノウハウなども提供する。また仕様に関する細かい打ち合わせも1~2回利用すれば使い勝手がわかるため、電話やファックスなどで円滑に発注することが可能になる。
同サービスを利用することで印刷会社は小口の伝票を受注することができるほか、外注料金も素早く知ることができる。しかもその場で発注することができるため、短納期対応などエンドユーザーの多様化するニーズに応えることが可能になる。
見積条件は用紙が主にノーカーボン。刷り色は色見本より選択。他に減感、ミシン、綴じ、ファイル、ナンバー、表紙印刷、下敷等の加工がある。支払いは代引きか振込み。
これまで印刷会社は少量の伝票印刷の依頼があった場合には自社で見積りを出せず、また外注先の印刷会社も知らないという問題があった。対応する外注先があっても詳細な打ち合わせが必要となるため、時間がかかり、料金も高くなる傾向にあった。
同社は平成13年から少量の伝票印刷に着手。現場での実践と試行錯誤を繰り返しながらノウハウを構築してきた。また、ITインフラの整備が進み、宅配便サービスが発達するなど地理的な問題が解消したため、新サービスを開始するに至った。
【問合先】TEL099-251-6276
【URL】http://www.amano-p.co.jp