特殊帳票

特殊帳票とは、色々な印刷用途に合わせてセキュリティや伝達したい内容を分ける形に設計した帳票になります。
特殊帳票とは、見積り書、契約書、請求書などのビジネス文書に加えて、納品時や金銭の授受を行う場合の、納品書や領収書に関して自社独自の連番を記入する部分を加えたり、特記事項を追加する事による特殊な帳票になります。

また、特殊帳票に関しては作業依頼書などで利用すると効率的に利用する事ができます。
これは、複写を行うカーボン紙の部分に変化を加えることで、全てを印字している書類に関しては自社の担当や経理係が利用し、金額部分に関してはお客様が利用します。
これに対して、作業の依頼や作業内容の詳細な部分に関しては作業者が受け取るように複数枚の帳票を一度に印刷して切り離して各担当に渡すことができます。

異なるケースで代表的な帳票の種類としては、目隠し帳票があります。
この帳票は複数枚の紙が重なっており封筒のような形式です。
これは、マルチプリンタで印字を行う事ができ、インクリボンを利用せず印字を行います。
これはパソコンを利用して印刷するのですが印刷する人は印刷内容を確認する事はできます。
また印字後に関しても印刷の内容を確認する事ができず、印刷内容を確認する場合は封筒を開けなければ印刷の中身を確認する事ができません。
これは給与明細などによく利用されセキュリティ情報を扱う場合には、オーソドックスな手法ですが封筒を開けるまで解らないので誰にも見られていないという安心感があります。

他にも、印字サイズや印字内容の目的により、帳票の材質や重なったいる紙の枚数など特殊になる場合は多数あります。
これは帳票をパソコンで利用して印字するケースや手書きのボールペンで利用する場合に関しても色々なパターンがあるからです。
これは印刷業者の人に会社の業務と利用目的を説明すると作業効率に合わせたリーズナブルな帳票を作成してもらえます。

特殊な製品も各種あります。サイズや規格については下記をご覧下さい。

〔OCR・OMR帳票〕

〔圧着はがき〕

〔契約書(複合的・多品種)〕

〔お会計票(一般・多条ミシン)〕

〔イメージ帳票〕

〔半複写伝票〕

〔両面テープ付き帳票〕

その他 印刷で困っていらっしゃる方…
伝票印刷のAMANOへお問合せ下さい。